Central America Trip 11

ベリーズは3日間の滞在ということで、とてもお世話になった!
とはいえ、今回行けずにとても悔しかったところがあった。。
それは、ATM洞窟というスポット。
古代文明の遺跡なのだけど、沢を遡上したり、ちょっとしたクライミングをしたりしなければならず、
赤ちゃんを宿っている我が家としては回避せざるをえなかったポイント。。
ここは今後の人生で、家族で中米にいくことがあれば行ってみたい!いや、機会とは作るものだ。ぜひ行こう!

というわけで、陸路で入国したベリーズを空路で出国!

425

439

437

エルサルバドルを経由、ここで大量のコーヒー豆を購入!

455

457

コスタリカ入国。

この日は移動ですでに夕暮れになっていた。
ここで問題発生。。個人的にコスタリカの見どころだったコスタリカ国立博物館が、臨時閉園している。

479

まじかよ〜!なんで??って思ってたら、ツールドフランスなどで結果を残した地元のアンドレイ・アマドールの凱旋パーティをしているからということだった。
現地のガイドの話を聞くに、ヨーロッパ圏や、その文化を受けつく中米の地域だと、とにかく自転車選手の人気は凄いのだと。

そういうことだったのか〜。
とホテルに戻ってみると、市内の自転車警官が大量に集まっている。

469

どうやらアンドレイ・アマドールを我々と同じホテルに滞在しているとのことらしく、
たくさんの自転車警官が業務をサボって来ていたり、インタビューのための報道機関が来ていた。

471

なんだよ〜。ご飯でも食べにいくかということで。
前もって調べていて、コスタリカ料理というのはアルゼンチーナに影響を受けているらしく。
La Esquina de Buenos Airesというお店にいった。ここが大正解だった。

490

生麺パスタや近郊でとれたエビを使った料理が大変美味しかった。

494

493

その後、中米を舞台にした映画などでしばしば登場するカフェモンドにハシゴ。
この旅、ずいぶんと色々行ったね、、と妻と地図を見ながら語った。

504

パンが美味。あと夜だったのであまり見えなかったけど手入れされた庭園があった。

その後、ホテルに戻って就寝。
Central America Trip 12へつづく

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *