Month: February 2012

ケイトクさんちでラムを食べた日

2012年2月27日 未分類 No comments

だいぶ前の日記になってしまいますが、浜崎さんが持ってきてくださったラム肉をみんなで食べよう!というイベントがケイトクさん宅にて開催されました!いや〜ほんと美味しかった。皆で食卓を囲むのは、良いですね。。

GoPro HD HERO2と自作の棒でSnowBoarding自分撮り

2012年2月26日 未分類 4 comments , ,

久しぶりにDIYネタ&先日に引き続きGoProネタです。スポーツシーンなどでの動画撮影に必須なのが、手ぶれを抑制するスタビライザーなどの機構ですが、本当に高価!ネット上でGoPro対応のものを探してみると、Steadicam(ステディカム) スムージー GoPro 用セットなどがあるのですが、もはやGoPro本体と同じくらいの値段です。(GoProが安いのかもしれないけど。)

ですので、自作してみました。材料はすべて東急ハンズ渋谷店で購入!全部で1500円くらい!お世話になります!

まず、全体像はこんな感じ。

  • 取っ手の部分(直角なS字?のような板)
  • 棒の部分(まっすぐな板)
  • カメラ台座部分(への字のような板×2枚)
カメラ台座とGoProは、GoPro買ったときに付属されていた粘着マウントで結合しています。この部分が一番脆弱っぽくて、剥がれたりしないかちょっと不安ですが、YouTubeなどには、この粘着マウントでF1の車体にくっつけて撮ったオンボード映像があったり、サーフボードにくっつけて撮っていたりする動画があったので、まぁ大丈夫かなと。
どうしても気になる人は、リーシュコード的なもので棒とカメラをつないでおけば、粘着シールが剥がれてもGoProだけふっ飛んで行方不明ということは避けられるでしょう。

粘着マウント部はこんな感じ。ちなみに、この粘着マウントは貼ってしまうと人間の力ではちょっと取れそうにありません。なので、この粘着マウントは、なるべく小さくて汎用的な部品(今回であれば、への字の板)につけることが、部品の再利用可能性を高めるのかなと思っています。いわゆる、Facadeパターンですね。棒クラスに直接依存してしまうと、粘着クラスの汎用性が低下しますので、への字utilクラスを経由して棒APIをコールします。

こんな感じ。

持ち手の部分は別に何でも良いのですが、一つ工夫したところといえば、撮影中に直接握るところなので、ネジ山むき出しはなんかイケてない、ということで、ここだけ袋ナット仕様。

これを使って撮った動画はこちら。

う〜ん棒部分をもうちょっと長めにして広角な構図で撮っても良かったかなと思いますが、そこは使いやすさとの兼ね合いですね。

あと、GoProはカメラをマウントする向きを簡単に変えることができて、この棒だけで自分撮りと追い撮りを兼用できるのですが、追い撮り部分は動画編集が終わっていないので、また次回。。

Mt.Naeba SnowBoarding

2012年2月23日 未分類 2 comments , ,

というわけで、@isano @emiMRKW @chiyako0904 という面々で2月10日〜11日で苗場にスノーボーディングに行ってきました。 @emiMRKW と @chiyako0904 は初めてということで、いきなり大人数で行くよりも、最初の1回とかは少人数でしっかりと慣れてからのほうが良いかもわからないですね。という @isano 先生の粋な計らいにより実現。あざっす。

Photo by isano.

今回は先日購入したGoPro HD Hero 2 のデビュー戦ということで、アタッチメントや自作追い撮り棒などを入れるために、バックカントリー仕様とまでとは行かなくとも、ちょっと作業向きな感じの装備で。
まぁバックパック背負ってると、遊び方はそこそこ制限されるけど、撮影のためにはしょうがないですね!
動画はこちら。


(あれ?YouTubeでembededする時、HD指定ってできなかったっけ?)

う〜ん、、撮影難しい。撮影っていうか、編集が難しいのでしょうか?いや、厳密に言うと、最終的に編集して一つの動画にする際にどんな素材があったら良いのかっていうのを考えながら撮るっていうのが難しい!という感じですかね。これはスチルには無い感覚だな〜。って思ったけど、スチルでも、1つの動画=1つの展示、と考えると、どういう写真があれば良いかとかを考えるヒントになりそう・・・!
う〜ん楽しい。。

【PV】上からマリコ / AKB48 [公式]

2012年2月17日 未分類 No comments

ついに公式来た〜!

わりと物語チックだ。。。一眼っぽいのボケ味は、そして3:55あたりから、そして8:20から。
コマ割りとか、非常に勉強になる。やっぱコンテキストですね〜。

モノホンのハーコー

2012年2月15日 未分類 No comments ,

もちろん周りのサポートもですが。。これはちょっとスゴすぎです。

Salomon Freeski TV S5 E13 Sit Ski Backflip