Guam Trip Day 2

グアム2日目!といっても、初日は夜着なので実質グアム初日。

前の晩は夜3時くらいに寝ましたが貴重な滞在時間を無駄にしないためにも
ちゃんと7時半起き!のつもりが9時起き!!(朝ごはん10時まで)

*

もう外は常夏の感じだ。
急いで朝ごはんに向かうも、オンワードの朝ごはん微妙だね〜。。他のホテルもそうなんかな?

この日はウォーターパークでひとしきり遊んでからショッピングという計画。

*

いくぜ!

*

今回滞在するオンワードはプールで選んだと言っても過言では無いため期待値は上がっていたけど、
なかなかにそのハードルを超えてきてくれました!たのしーーー!!
これは子供づれには嬉しいね。というか普通に大人がきても楽しいでしょう。

*

娘から尊敬されるためにマンタっていう結構怖い滑り台とかやってみた。
瑞牆レイバックの0.75倍怖い。

How to install Beastmaker 2000 and Jegg at home

最近このブログでアクセスある記事としてHow to install Beastmaker 2000 at homeがありますが、今回はその続編!というのも、最近Jeggを買ったので裏板を拡張したため。

前回、裏板とBeastmaker 2000を木工ボンドで接着していたので、まずはその剥離から。
(っていうかこれが一番大変だったのです。。)
水性の木工ボンドなので熱湯などで溶けるはずですが、面と面がピッタリくっついているから、なかなかお湯が接着面に浸透していかない。。というわけで掃除用のケルヒャーでスチームを当てつつヘラで剥がしました。持ってて良かったケルヒャー!!

次に、新しく購入した裏板への取り付け。
木工ボンドはもうやめて、おとなしく木ネジを打撃することにしまいした。とはいえ、そもそもは家の壁に穴を空けたくないから木ネジじゃなく木工ボンドにしていた背景があり。。
その制約は守っていかないと家庭内におけるクライミングの立場が著しく損なわれる!!なので今回は厚めの裏板を購入して、そこに木ネジを貫通しないように打ち込むという作戦にしました。

独自の試行錯誤の結果、その作戦を遂行できたのは下記のスペックです。

*

自分が買ったのはシマチューだけど、商品としてはこれと同じと思われます。
パイン集成材1200×400×18 RK-4012B

*

木ネジもホームセンターで売ってるやつですね。自分はホームセンターにBeastmaker持って行ってネジ穴に木ネジを入れさせてもらって、どれくらいネジが裏に突き抜けるか、裏板の中で止まるか(突き抜けないか)をチェックしました。

Jeggについては裏板の後ろから手前側に4cmのビスを打ち付けました。十分厚さがあるホールドなので、打ち付ける場所さえケアすれば、手前側に貫通する心配は無いと思います。

あと細かい改善としては、前回までのものは裏板を止めている突っ張り棒を真ん中に張っていました。

*

これだと、ぶら下がるときはいいのですが、懸垂をすると頭にあたって邪魔なので、裏板の両サイドを抑えるように2本設置して、懸垂時のクリアランスを確保したりしました。

Guam Trip Day 1

グアム!

仕事もひと段落して長い休みが取れたので海外へ。
いわゆる「H.I.S. 初夢フェア2018 首都圏発」ってやつ。
まぁよく大学生が卒業旅行とかで使うやつだけど大人気なく家族で利用してみた!
expediaと比較しても安いね。
今回は成田発着なのがアレだけど、まぁいいでしょう!

UA874 で出発!

*

娘は例によってjet kidsに乗船。

*

だいたい3時間半くらいのフライトでグアムへ到着。近いね〜。一番近い英語圏だ!

ホテルについたのは現地の午前1時くらい。時差は日本より1時間進んでいるので、日本時間でいうと午前2時くらい。
娘が起きていたのが奇跡だな。
ちなみにホテルはウォーターパークがノックアウトファクターになってオンワードビジネスリゾートにしました!

というわけで夜発なので1日目は移動で終了。