#だいぶ間が空いてしまったけど中米旅行記の続き。。

アンティグア2日目。

標高1520mの高原にたたずむ静かな古都・アンティグア。日本でいうところの京都だろうか。古くは都であって、現在のグアテマラ・シティに遷都される前の3番目の都として1543年に創設された。グアテマラ・シティから車で約1時間ということもあり、国際的にもアクセスが容易である。周囲を富士山によく似たアグア火山をはじめ、3つの火山に囲まれた町である。中米でも最も華やかな町として最盛期には6万人以上の人が住んでいたが、1773年の大地震で大きな被害を受け首都を移したとのこと。当時の地震で崩壊した教会やコロニアル様式の建物や敷石の道などの街並みが美しく残っており、1979年に街全体が世界遺産に登録された。

それにしても、とにかく最高の宿だった。Hotel Posada de Don Rodrigo Antigua。美しい中庭。美味しい朝食。洗礼されたサービス。。Wi-Fi(重要)。。。
これならアンティグアに一週間くらいずっとこの宿で滞在したくなってしまう。。。

朝は、アンティグア市内を散歩。カテドラルでお祈りしたり、古くからのサンタ・クララ修道院公用洗濯場を見学した。

***

***

それなりに高度もあり、涼しく乾燥していてすごしやすい。

***

歴史あるカフェであるCafe Condesaへ行った。結果、ここがアンティグアで一番気に入ったカフェになった。入口は本屋になっているけど、奥にカフェがあって中庭でコーヒーが楽しめるスタイル。豆はもちろんアンティグア産で、おかわりも自由。本屋とも行き来しながらじっくり楽しませてもらった。

***

その後は、フィラデルフィアコーヒー農園を見学。

***

コーヒーの品質管理プロセスなどを学んだ。女性の手のほうがphが低いためより良い苗木が作れる、、、という説明を受けたが、半信半疑。。
実際に食べさせてもらったコーヒーの実の味は、甘かった。

***

***

農場を見学したあとは、街を見下ろす十字架の丘に登った。地元民がジョギングをしていたりして非常に良い場所だった。それと同時に、長かったグアテマラシティ周辺のエリアを明日は出発しなければいけないんだなーと実感して少し寂しくなった。

***

丘を下りて、その後は街の食べ物屋さん巡り。とても美味なワカモーレなどを食べつつラ・メルセー教会を見学した。

***

あと、朝散歩したカテドラルの内部にも行った。カテドラルの内部にはカラフルな民族衣装(ウイピル)をまとったマヤ先住民を多く見かけたが、彼らは写真に撮られるのを好まないそうなので、写真は遠慮しておいた。

その後は中央市場でショッピングを楽しんで、ホテルへ帰った。
Central America Trip 6 につづく。