Bouldering Day 11

品川ロッキー2回目。前回のロッキーで宿題にしていた茶色を全部落としたぞ〜。これで10m壁の茶色はコンプリート。球体の茶色も1個落としたし、次でロッキー全茶色制覇いけるんじゃないかな!

10回もジムに通うと大体50課題くらいはクリアして、500回くらい壁から落ちてしまっているはず。流石に、だんだんボルダリングの動きの中のアンチパターンがわかってきた。が、やっぱ成長のスピードを早めるために、いったん理論を身につけたい。そのためには入門書を暗記して、体にしみ込ませるのが一番良いと思うのだけど、どの本が良いのかな?だいたいどのジムにも下記のものは置いてあるので、これにしてみようかな。とりあえずポチッ。

Bouldering Day 10

はじめて6級を落としたよ〜!日曜から中二日空けたのがよかったかな。かなり握力回復してた。

常連に聞いた話によると、「半年で4級」っていうのが成長曲線のモデリング先を決める一つの指標らしいので、とりあえずそこは死守するペースで頑張ろう。今年の夏は、伊豆諸島でボルダリングしつつキャンプ&観光なんてしようかな〜と思い中。。関係者に別途メールしまあす。

Bouldering Day 9

色々と入り用で地方某所に行ったので、ローカルのクライミングジムへ行く事に。木曜から4日連続ボルダリングで、手の痛み、疲労感は限界である。

やっぱ(品川ロッキーは別格として)都内のジムより広いね〜。課題としては難易度は全体的に低めに設定されているのか、6級を5つ完登し、うち3つはオンサイト。いや〜調子乗っちゃうね。

本来の用事の方も、無事終了。まぁこれについてもおいおい語る日が来るのだろうか。。

Bouldering Day 8 と Running Day 2

18日(土)。この日は、前から気になっていた宮下公園のクライミング場に行ってみる事に。

まさかの3時間待ちである。まぁ施設使用料は奇跡の2時間350円なので、人気なのはしょうがない。整理券をもらって、17時25分からのスタートとなった。その間、モンベルにいってクライミングシューズを物色。しかし、結局自分の登り方の特性などがわかっていないため、何も買わず。渋谷のカフェやレコ屋をダラダラとしてたら17時頃になったので宮下公園へ。すると、

係員「すみません、前の人達が早く終わったので、先に待っていた人を入場させました。あなたは19時の回からになります。」

へ〜。整理券の意味ないね。まぁ2時間350円のサービスレベルなので、文句も言えずに退散。さすがにもう2時間は待てないし。というわけで恵比寿J&Sへ。ムカついていたので4時間くらいぶっ込み。今まで行ったこと無かった急傾斜の壁に打ち込んで7級をいくつか落したところで、連日の疲労か、手の筋肉が痛くなったので終了。

宮下公園の怒りが収まっていなかったので、10kmほど走る事に。

ボルダリングだとそこまで足は疲れなかったし、まぁ一番疲れているのは手だから、ジョギングするのは問題ないだろうと思って走ったら、6km付近くらいで腹筋が痙攣しはじめた。そこは共通部品だったか。。。。後悔しつつ何とか8.7kmくらいまで走って自分を許す事に。ふ〜。死にかけた。

Bouldering Day 7

17日(金)、田代君と21時に待ち合わせしていたけども、どうやら急にお客様から予約が入って来れなくなってしまったらしく、ソロ練習。前回残していた7級に取りかかるも、失敗。もはや出来る気がしない。とりあえず6級に着手し、スラブ系の課題を分割払い。

終わったところで、金夜名物、フクエリから「飲み行きたーい」とメールがあったので、恵比寿横丁で飲み。ダイエッターの気持ちも知らないでさぁ。。フクエリは結構泥酔してて面倒くさかった。あと手を見たら豆が破れてた。

Bouldering Day 6

今の仕事は蒲田に行く事が多いんだけど、通っているボルダリングジムの恵比寿J&Sは、蒲田からはアクセスが悪い。。どこか、蒲田付近で仕事帰りによって帰れる感じのところがないかな〜と思って探すと、SUN MOUNTAINNというお店を糀谷に発見。いいね!蒲田の隣駅だし。20時以降に行くと1000円っていうのも良い。

初めてのジムだったのだけど、ここは難易度を表すテープが5色に分かれていて、それぞれの色に対して3種類の形のテープがある。珍しい事に、色だけじゃなくて形にも難易度がある。そして、その色と形の組み合わせが、下記の4枚の壁ごとに存在するので、大体60パターンの課題がある。

今日は一番簡単な色(ピンク)を攻略していったのだけど、悶絶の壁の3つのうち2つは握力が尽きてしまって落とせなかったので、11個の課題をクリアしたという状況。どちらかというと、90度を超えた壁は筋力を使う感じで、90度以下になれば筋力よりはバランスという能力が要求される感じに思えた。最初に傾斜のキツい壁にチャレンジしたほうがいいのかな。その他、ジムの雰囲気はいい感じ。ずっとレゲエが流れているし、休憩するところも椅子があるし。あと液体タイプの滑り止めを使ったけど、これは便利だね!あと店長さんが美人。

でも1人常連っぽいんだけどウザい人がいて、俺が課題にチャレンジしようと手を動かしてコースをなぞっていたら、いきなりその課題登りはじめて、「これはこの手順だよ〜!」って見せてくる。なんなんだよ!別に正解見たくないし。 手順を探すところから始まるスポーツじゃないのこれ?とかって思ったけど、まぁ無視。

Bouldering Day 5

恵比寿J&S。そういえば初めて恵比寿J&Sに行ったときに、たまたまもう1人初めて来ていた田代君という子がいて、一緒に頑張って仲良くなったので、今日は連絡をとって2人で来てみたり。2人とも絶賛7級を落し中というレベルで、そこらへんも一緒に考えながらできたので非常に楽しかった!あと、2人いると、楽だね。1人だとついつい入れこんじゃう。

今日は前回までの残りの7級を落として、7級は残り1個!だけど最後の1個はジムの先生も「これは大体1ヶ月くらいかかる人が多いね〜」って言っていたので、まぁ気楽にやろう。次回は簡単な6級のやつから初めて、また分割払いし始めようかな。

ナイスダイアゴナル!対角線の動き!

Bouldering Day 4

初!品ロキ。そんなこんなで14時から、ケートクさん、アジンさん、アベ君、横山らとセッション。品ロキ初めて行ったけど、とにかく横にも縦にも空間が広いね〜。体積比では、いつもいってる恵比寿J&Sの1728πr^3倍くらいはあるのではなかろうか?そういう空間特性を鑑みてか、恵比寿J&Sは「耐える動き」で、品川ロッキーは「ダイナミックなムーブ」をそれぞれ必要としているような感あり。

そんなことより、こちとらボルダリング連続3日目で、手が限界である。2本目あたりから脳内でずっとダチョウ倶楽部の上島が「殺す気か!(帽子を地面に叩き付ける)」ってやってる。アベ君とケートクさんはオレンジせめつつ。

自分はひたすら茶色撲滅運動。ピンク、黄色、垂壁の茶色は楽勝だったので、とりあえず10m壁の茶色から攻める。結局、○のところだけが宿題になった。まぁ手順は把握したので、スタミナ切れということにさせてください。

その後は手羽先食べて帰宅。

いや〜面白かった。アジンさん初だったけど、まぁいろいろとシュートな話ができて、これは酒飲むと面白い人だぞと確信。笑