なるべく丁寧な写真の見せかた

写真が成果物だとしたら、dada先生が言う通り、最後のアウトプットの仕方をもっと重要視すべき・・・。flickrへのあげかた、ブログでの載せ方、考え直すときが来ましたねえ。。

もし、仮にこの先、ギャラリーを借りて人を招く事があったとすると、一方ではflickrに数千枚上げながら、一方ではギャラリーに足を運んでもらったりするって、絶対どっちかが嘘になるよね。なんというか・・・。

もっと丁寧に。

「あぁ〜あいつ最近ここ行ったんだ〜。」

というような写真と明確に区別したい、本当に見てもらいたい写真がある・・・。悩みどころです。

3 thoughts on “なるべく丁寧な写真の見せかた”

  1. それ、オレも最近悩んでる。
    写真を共有するツールとしてのflickrと、
    作品としての公開するflickrのset。
    明確に分けるために、flickrのproアカウントもう一個取ろうかなぁなんて思ったりw

  2. 初コメント!
    写真の見せ方難しい…
    まぁそもそも俺の場合は写真自体がまだまだですが。
    ネクストレヴェルへの道のりは険しいですな

  3. >みずき
    flickrの使い方、かなり関係してくるよね〜。
    アカウント2個つかいもほんと考えてしまう!笑
    1つのアカウントでうまく運用できればそれが一番いいんだけどねえ。。

    >isano
    え、意外!笑 <初コメント
    なんかもっと前にデビューすませてる気がしてたわ。。
    ありがとね〜!
    いやいや、isano先生に言われると私も立場がないですよ。<まぁそもそも俺の場合は写真自体がまだまだですが。
    でも、「撮り方」と「見せ方」って厳密に切り分ける事ができないってのがmy持論!
    「この写真をどう見せるか?」って頭に入れて撮ると、ネクストレヴェルいける気がする!(その考えが今まで頭になかったので)
    あと、もっとアウトプットの場を工夫してみるってのも必要かもね!
    Webだけじゃなくて、実際にプリントアウトして、自分なりに丁寧にアルバムを作って、人にプレゼントするっていう方法もあるし。そういうのを視野に入れ出すと、今までとは違う撮り方ができそう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *