もはや1年くらい前の話だけど、コンビニでボジョレヌーボーを見て、フランステレコムでアルバイトをしていたころを思い出したので・・・。その頃はバイトが「フランステレコム+ACCESS+大学のTA」と、MAX調子良くて、あきらかに内定先の初任給より稼いでいた。あと、ちょうどカメラにハマりだしレンズとかも買いたかったり、お金の出入りが激しかった時期だった。なので、クレジットカード限度額10万円じゃちょっとアレだなぁ、と思い、カード会社に電話して

俺「限度額あげてくれー。」

と頼んだ。したら、俺が本人かどうかだけを確認して

オペレータ「わかりました〜。」

ってノリで電話を切られそうになる。

俺「えぇ、、、年収とか聞かないと、審査も何もないでしょう?」

焦って電話切られるのを防ぐ俺。

オペレータ「いえ、総合的に判断しますので。。」

何をだよ!俺はカード作った大学1年生の時から何も情報を与えてないというのに!
(与えているとしたら、これまでの利用履歴だけか?一度も支払いが滞ったことはないぞ!)

俺「あのー、今、私はどういう職業ということになってますか?」
オペレータ「無職です。」

それで審査通るわけねーだろ!聞けよ俺の最新情報!カード会社には優良顧客の理系院生だぞオラ。
ということでこっちから現状を言って審査してもらうことに。限度額ってノリで決まるのね。。
と思ったことがありました。。。