Hawaii Trip 2017 Day 3

ハワイ3日目。

この日はワイキキエリアから離れてオアフ島の北側、いわゆるノースショアに行くことに。目的は、ウミガメに会えるというラニアケアビーチと、ワイメアベイにあるボルダーエリア!

ハワイには高速道路は3本だけ、いわゆるフリーウェイで無料で、これをつかって島の大体のところには1時間以内でいける。
しかし朝8:30を超えると激烈に混むらしいんだよね。。
っていうことで、頑張って早起きして7:30くらいにホテル発!(ギリギリ)

*

高速に乗るまでにちょっと混んだけど、乗っちゃえば流れててバッチリ!
1時間くらいでノースショアに到着!

が、しかし、、、すごい雨。。

*

クライミングはもちろん、ウミガメもいない!
そもそもハワイのこのビーチにはウミガメは砂浜に甲羅を乾かしに上がって来る(産卵ではない)ので、雨ふってたら上陸するはずもなく。。。
無念!ただこのまま引き下がるわけにはいかないので、こちらで有名なKono’s Restaurantへ。ノースショアエリア66件のレストランのなかの堂々1位なのに、雨だからか空いてて並ばずいけた!よし!

ボンバーズっていう、トルティーヤにいろんな具材をいれて巻いて焼いたやつが有名ということなので食す。

*

うめぇ!野菜とポークの旨味成分とトローリとしたチーズが絡んでて、朝からめちゃガッツリいかせていただいた!
なんだろう、日本でいうBBQとかのアルミホイル包みのホクホク感みたいな?うまかった〜。コーヒーも。。

*

もうこの日はずっと雨だろうということでショッピングデイだ!
そのままハイウェイを折り返して今度はカイルアエリアに。いわゆるハワイのセレブエリア。ホールフーズでデリ食べたり。

*

*

自分で好きな具材をパックにいれて測り売りってやつ。きのことネギのオリーブ風味どんぶり@自作。

*

お土産のコーヒーをここで大量に仕入れる。あとプロテインバーが安かったのでここで大量に購入!
日本でたんぱく質20g含んでいるのあんまり無いよね!ウイダーのやつでも10gだし。

*

そのあとは、「この木なんの木気になる木」でお馴染みのモアナルア・ガーデンパークへ。
ここも雨だから人ほぼいない。笑 なんなら入り口に「入場3ドル」って書いてあるのに、係員の人がいない!
謎にカモが大量にいた。晴れてたら雰囲気よさそうだけど、レンタカーかツアーじゃないと来れないね。

*

夜はちょっと晴れたかな?

*

チーズケーキファクトリーでご飯。
予約して自分たちの時間が近くなってきたらピピッとなる機械渡してくれるから近くをブラつけるから便利だね!!どんだけ遠くまで行けるかは不明だけど。笑

*

日本で超高いルルレモンもハワイだと手がとどくな。。

*

そんなこんなで3日目終了。

Hawaii Trip 2017 Day 2

*

2日目。ハワイは朝早くからランニングしてる人おおいね〜。
というかもう暖かいっていうのは本当に正義だね。

この日はまずは船で外洋に出てクジラウォッチングをするツアーに参加。

*

もはや睡眠不足と時差ボケで瀕死の私と、なぜかピンピンの妻。

*

外洋といってもオアフ島がすぐ見えるところ。クジラってこんな近くまで来るんだねえ。写真は遠すぎて撮れなかったけど、遠くで潮吹いたり尾びれをバーンってやってるクジラを見れて満足!

*

戻ってから、昼ごはんはクリームポットでパンケーキとエッグベネディクト。美味。。。

*

その後はマノアの滝へ行った。なんかマノアらんの雰囲気めちゃ良いね〜。
大学とかあって緑が多い感じ。ワイキキじゃなくてここらへんがリアルハワイだよな〜。ほんと熱帯を感じる植物っぷり。

*

*

あとは夕日を見にダイヤモンドヘッド。
ここで登りで娘が結構自分の力で歩いていて感動。しばらく見ないうちに成長しているんだな〜!

自分たちだと楽勝だったけど、普通の人だとでもマノアの滝と一緒の日にいくべきじゃないね。それなりに登る。。

*

夕飯はNico’s Pier 38ってところで魚介料理。
マグロっていうかアヒ3種類盛りとかビールでアサリを蒸した煮込み料理みたいなの。美味。
このあと車でホテルまで帰らないといけなかったのでお酒は飲めずなのが残念だった。。

*

*

あとなぜか帰り道の途中にあったホームセンターによる。アメリカのホームセンターでか!
まぁ家も庭もでかいからそうなるわなー。。感動。

*

いいな〜。

Hawaii Trip 2017 Day 1

今年の冬の休暇はハワイに行ってきた。(なんとなく今後も結構行きそうなのでタイトルに西暦を入れておいた。。)
今回は初めて海外でレンタカーを借りてみた。ホノルル空港に着いてから、アラモレンタカー空港営業所に送迎しているシャトルバスで行って、そのまま荷物詰め込んで出発。
事前にWeb予約しておいたので手続き自体は早かったけど、付いていると思っていた日本語カーナビが付いていなかった。(そもそもカーナビ無しだった。)
まぁ結果論だけど成田でモバイルWifiルーター借りてたので、iPhoneのGoogle Mapアプリで全く問題なかった。

まずはせっかく土曜日なのでカカアコファーマーズマーケットに行くことにして、アラモアナ方面へ。
運転結構心配してたけど、意外と大丈夫だね!もちろんウィンカーとワイパーは間違うけど、右側通行はあんまり違和感なく対応できた。
そもそも他の車もいるから、その流れに乗ってる感じ。

ファーマーズマーケーットは地元のお店が色々屋台を出している感じ。

*

ご飯は大体5〜15$だけど量がとにかく多い。クライマー殺し!
一番うまそうだったトルティーヤにベビースピナッチとバジルとチーズとか巻いたやつを食べたりぶらついたり。

*

写真だと全然旨そうに見えないけど、無類のバジル好きとしてはめっちゃ旨かったです。

*

その後はlawehanaのtargetに行って、姪っ子たちへお土産物色。
レンタカーだとそのまま詰め込めるから荷物戦略を雑にできて最高だ!

夜はワイキキへ移動して、Pau Hana Marketへ。初日はマーケットでメシ食ってばっかだな。

*

雰囲気よかった!フードトラックのガーリックシュリンプを食べられるのはワイキキエリアだとここだけだし、比較的ウェブでの評判も良かったので、
こちらでFive Ster Shrimp、ガーリックシュリンプとサラダ。こちらも写真だと全然旨そうに見えないけど(略)

*

*

よし、これだけ食べれば良いだろう!と思ってたら妻が「デザートにレナーズのマラサダが食べたい」という。どんだけ食べるんだ。。

*

*

夜9時くらいなのにマラサダに並びすぎ!
マラサダの写真撮り忘れたけど、写真だと全然旨そうに(略)

その後ようやくホテルにチェックインして就寝。。

Bouldering Day 348

パンプ系列パスの効果もあり、仕事終わりに横パンへ。 東京方面=秋パン、横浜方面=横パンという最強の布陣だ。

この日は1階の船がホールド変えされてて、一通り登れるのだけやっとく感じ。3級もらえるかな〜?

あとは2Fの1月マンスリー4級に敗退。。指立てられないように、カチの上にスローパー配置されてるやつ。。苦手。。

*

Bouldering Day 346

品川ロッキー。

大晦日ということで登り納め!
ケートクさんとロッキーへ。久しぶりにきた〜。

結局、1級3本と、初段1本。

これをベルコンで落とすってことを考えると結構キツいな〜。
ビースト出ることがあるならば、スーパーミドルかマスタークラスかな。

そして人生初の初段を落とすことができて一応大晦日っぽい感じになりました。。
動画撮れてなかったのが残念。
動画は1Q。ビーストのマスタークラス決勝課題かな?

あとめちゃ強い人いた!

*

やっぱまだあどけないっていうか、子供らしい雰囲気だな〜!と思って話かけたら

「今日本にきてるんだ?」
「そう、スポンサーの打ち合わせの関係でね!」

ってめっちゃ大人の事情の感じだった。

Central America Trip 14

ラストデイ!

出発前には無限にあると思われた旅の日程もいよいよ最終日。
この日は朝のフライトでロサンゼルスまで飛ぶ。
名残惜しいので早起きしてバイキングで朝食。

IMG_6259

IMG_6260

日本やヨーロッパ(行ったことないけど)のように、めちゃくちゃ綺麗な街並みとは言えないけど、
なんかこの雑多な感じもすっかり慣れたな〜!むしろこの危うくて活気のある感じは結構好きになった。

IMG_6257

中央広場。

IMG_6258

みんな大好き鶏肉。Polloと書いて「ポジョ」と発音する。

部屋に戻って帰国の最後の準備をして、車で出発!1時間くらいかな?
ファン・サンタマリーア国際空港に到着。
コスタリカの珍獣、怠け者の動物の前で記念撮影。

IMG_6268

ちなみに「PURA VIDA」って言葉の意味は、日本語ではちょうどいい言葉がないんだけど、
「最高!」とか「楽しい!」みたいなポジティブな意味らしい。
コスタリカ限定だけどとりあえずこれだけ行っておけば急場もしのげたな。

ちなみにエルサルバドルでの乗り換え時も含めて、コーヒー豆を大量に購入してしまっていたため、
保安検査場でチェックを受けて多少面倒だった、。日本人だったらこんくらい買うでしょ〜!

そんなこんなで搭乗してロサンゼルスへ。だいたい6時間くらいかな?
ここぞとばかりにダウンロードしておいたiPhoneのドラクエアプリを開始。とりあえずレヌール城までクリア。

IMG_6273

ロサンゼルスでも4時間のトランジットという微妙な時間。。。
う〜ん片道45分のサンタモニカまで遊びに出るべきか迷ったけどチキって空港内で過ごすことに。
いやはやロサンゼルス国際空港って名前から比べて遥かにショボい。

IMG_6280

lemonadeっていう量り売り形式?のご飯屋さんが結構美味しかった!

IMG_6281

IMG_6282

帰りもデルタ。ここもコンフォートシートなので、今回の旅で相当マイル溜まったな。。
このマイルだけで実はまたどこかに旅行に行けるのではないかしら。

IMG_6276

IMG_6283

次の旅はどこに行こうかな!

南米旅行記を書いた時にも思ったけど、旅の日記を書き終わってしまうという事は、
一つの旅が完結した思い出として記録されるということで、清々しいような、すこし寂しいような気持ちである。
今回の中米旅行記の一覧はこちらから。

Central America Trip 13

マヌエル・アントニオ国立公園の続き。

改めて写真で見ると、とにかく風景の色が濃い!緑も空も濃密!

IMG_6189

IMG_6199

IMG_6198

117

146

昼食は公園内のレストランにて。
ここで、相席になったフロリダから来た女性達と色々と会話。
自分たちが日本からこの2週間どういう旅をしてきて、どう感じたか、、、っていう話。

IMG_6235

個人的にはベリーズのキーカーカー島に到着した時に感動したという話をしたかったので
頑張って英語で下記のようなことを伝えて見た。

私にとって日本人作家の池澤夏樹が書いた「夏の朝の成層圏」は人生の一冊です。
とある美しい南の海で、ある日本人青年が船から落下、漂流し、無人島にたどり着いて、その後自力で生活していく話なのですが
夕焼け、夕立、そよ風、波打ち際の音、コンク貝に塩とライムをかけたものの味など、
南の島の大自然における五感の感覚が丁寧に繊細に記述されています。
そんな10年以上前に読んだ小説の中の風景を思い出すような島でした。

そしたらアメリカから来られた女性の方々は

途中までロビンソン・クルーソーかと思ったけど!笑
それはさておき、あなたのような人と出会って、
コミュニケーションで大切なのはスキルじゃなくてパッションだと本当に感じたわ。

みたいな感じで、ざっくりと英語スキルをディスられる。まぁ知ってたけど。。
デザートにヤシの実のジュースを飲んで帰路へ。

IMG_6226

サンホセに帰った後はスーパーでビール買って飲みながら街を見学。

IMG_6249

IMG_6239

国立博物館(外観だけ)などを見た。今は憲法で軍隊を持たないと決められているコスタリカだけども
昔はここが陸軍の拠点だったらしく銃痕がびっしり残っていた。

IMG_6244

IMG_6243

夜は結構冷えたな〜。。ホテルのシャワーは冷たかった。。

長かった旅も終わりに近づき、翌日は帰国のためのアメリカ行きだ〜!

Central America Trip 14 へつづく。

Bouldering Day 337

スポドリ。

なんか無性にムーンボード打ちたくなってスポドリへ。

6A〜6Bまで12〜3課題くらいかな登った。指ギシギシだ〜!

動画の課題は下記の2本。

IMG_0725

IMG_0726

スポドリのムーンボードはたくさん課題あっていいね!フルセットだし。
6A〜6Bでもここまであるから、ミドルグレードの方でも安心!

IMG_0728

Bouldering Day 321

T-Wall錦糸町。

フィッシュの月パス切れた&この日は娘を錦糸町のプール教室に入れた後だったので、
娘を妻に託して錦糸町。

ホールドつるつる!プール後の指皮に優しい~!
でも130度で一本指ポッケとか出てきて指自体には厳しい~!
なんとか3級を何個か落とす。

Untitled

珍しくevolvのためし履きをやってるのでシャーマン履いてみた!
横幅広くて快適~!だがしかし3本ベルクロは厳しい~!
ソールのキュッキュ感はMadrock sharkに似て良い感じだったな。
ちなみにサイズ感は、攻めて7h、普通で8だったな。

そうこうしていると、なんとカオリンさんが登場。
ミーハー心丸出しで話しかけてさせていただくと、
どうやら今は全国のジムを回ってフリーのインストラクターをされているらしく、
今日はクライアントが錦糸町希望でレッスンの後に登っているとのこと。

その後セッションさせていただきました!

「プロクライマー刺せる機会なんてもう二度とねえぞ!!」

っていう最低な心で望んだところ、2人とも敗退でドロー!
まぁ素人のミーハー相手というところで、完全にエンジョイクライミングをされておりました、。

その後、T-Wallの常連さんたちがキャンパシングボードでセッションしていたので、
そちらに参加させていただきました。こちらはボコボコに敗退でした!

あと人のキャンパシングを見ていて気づいたのだけど、
自分はなんか足の反動のつけ方が変。。
とくにダブルダイノのときは完全に足の勢いが上半身と協調していない。
これが体育の成績2の実力か。。

2016007124 T-Wall錦糸町 from naoharu on Vimeo.