Indonesia Trip Day 3

Melia Hotel の朝食美味しい!
古典的なジャワ島の料理もあれば、辛いやつもあるね。
そして待望の生野菜サラダ。

*

*

午前中はペジャというスクーターのタクシーに乗って色々回ることに。
値段的に厳密に交渉すると現地相場で1km100円くらいなんだろうけど、もう面倒くさいので、

naoharu 「午前中買い物とか食べ歩きするからずっと送ってよ!!いくら?」

っていうと、

先方 「まぁ終わった時に払ってくれ。任せるよ。(up to you)」

と言われる。
いいね!嫌いじゃないよ!

ということで色々お土産物色やらなんやらでジョグジャカルタ市内を色々探索。
こちらが回ってる間は運転手はスクーターの上で寝るスタイル。

*

まぁジョグジャカルはマリオボロ通りもそうだし、外国人バックパッカーたちが沢山いるプラウィロタマン地区も近い。
今回はそこで色々と土産物を調達!

*

その後、Soto Pak Marto Taman Sari で昼食をとったんだけどこれが大当たりで、今回の旅で一番美味かった!!!
しかもめっちゃ安くて全部で400円くらい。ジョグジャカルタは物価がとにかく安いね〜。

*

牛テールなんかな?そういう旨味ぽい感じにライム。

*

娘も気に入ったのかズビ〜っといく始末。
しかも謎に付け合わせみたいなのも大量に出てくるし。
とりあえずそれには手をつけず自分たちの頼んだ料理の代金だけ払えばOKだったらしく安心。

と言う感じで、ジョグジャカルタ市内を午前中色々回ってもらって、
ペジャの運転手に80000ルピア(だいたい700円くらい)を払うとすごい嬉しそうだった。よかった!

ひとしきりジョグジャカルタの市内を楽しんだあとはプランバナン寺院へ。

*

妻が言うにはアンコールワットと近いものを感じるらしい。
でも歴史的にはプランバナンは8世紀の建立、アンコールワットが12世紀の建立で、400年も違うんだねぇ。

ここではヴィシュヌやシヴァ、ブラフマーなどの神々の像に触れさせていただく。
娘には特にガネーシャに触ったので、将来偉くなることを期待!老後頼んだ!!

*

*

すごい細かいレリーフ。。。ボロブドゥールより細工が細かい印象。

*

これは何か不明なレリーフ。娘に似てるのでとりあえず撮影。

一通り観光を終えたらジョグジャカルタの空港へ移動。

*

この空港にあったrotioというパン屋が激烈にうまそうな匂いを発していた。
結果購入。

*

このあたりで、実は休暇中は仕事中よりハードスケジュールなのではないかと感じ出されるが、一旦スルー。

*

そうこうしているうちに、この旅2つ目の島、バリ島に到着。
とりあえずはローカルも多くで良さげだったKOPI Pod という神々のバリ島でも最も歴史のあるお店でご飯。うま!!!
ひとまえずナシゴレンとミーゴレン。

*

両方美味しかった。

*

その後は意識朦朧としたなかでバリ島の宿について就寝。(もはや疲労困憊で特に記憶なし)

Indonesia Trip Day 2(後半)

2日目の午後はボロブドゥール遺跡群からジョグジャカルタ市内へ。
まずはジャワ建築の最高峰と言われる王宮クラトンへ。

*

*

ここは一部は博物館として一般に公開されているのだけど、中の絵や家系図を見る限り、インドネシア王族のやらかしっぷりがすごい。
とにかく一夫多妻も甚だしい!10数人のお妃様に、数十名の王子王女たち。超パワープレーだな。
インドネシアというと首都のジャカルタが栄えているイメージだけど(そしてそれは正しいんだけど)、
あくまでジャカルタって東南アジア最大のメガシティだけど、古都という意味だとジョグジャカルタが古くから歴史ある街なんだねぇ。

*

王宮の門にいる、魔除けの神カーラ。八重歯かわいい〜〜!
娘は怖がってたけど、見れば見るほど南国感のある感じ。なんかいいね。
クラトンはすばらしきところでした!

そのあとは昼ごはん。Pesta Perak Restaurantっていうランチビュッフェに行ってみた。

*

基本海外に行くと果物を食べまくるんだけど、インドネシアの果物は基本的に渋い!酵素が強いっていうの?口の中がシバシバする感じ。
まぁお腹には良さそうだからめちゃくちゃ食べたけども。
相変わらずサテ(焼き鳥)は甘辛いタレだし、基本的になんでも甘い。う〜ん。。
ただこのbintang Beerは辛口で美味い!なんでこれは辛口&ノド越し系なんだ。。

その後いったんホテルに移動。のんびりプールに入って火照った体を冷ます。
水が冷たくて一瞬で寒くなる。。

*

その後、夜はマリオボロ通りに出て屋台で1本10円の焼き鳥食べたり1杯100円の謎の料理食べたりして終了。

*

*

なかなか美味かった!甘いけど!

そんなこんなで2日目も終了。

Indonesia Trip Day 2(前半)

ボロブドゥール遺跡から朝日を見るためにマノハラホテル主催のツアーに参加。
朝4時半くらいに出発して、5時くらいにボロブドゥール遺跡のてっぺんに到着。サンライズ待機!
マノハラホテルの立地は素晴らしい。。遺跡のなかに宿泊するってすごいな。

*

朝日鑑賞。感動。

ブログ用にまだインドネシア投稿続きます。。すみません、、 #borobudurtemple

Naoharu SASAKIさん(@naoharu)がシェアした投稿 –

その後、じっくりと遺跡を観光する。とにかく大規模な石造寺院だ。
巨大な寺院の頂上部の世界最大級のストゥーパ(仏塔)には、釈迦の遺骨が納められていたとされる。植民地支配していたオランダに相当荒らされたというけれども。

それよりもなにより驚いたのは、9世紀に歴史から姿を消したボロブドゥールは、ジャングルの中に埋もれているのを1814年に発見されるまで、土に覆われていたということだ。
これだけのものを作ったのに、その歴史が誰にも語り継がれず、誰からも忘れ去られて、発見されるのを待っていたという。。。

祈念。

*

*

いったんマノハラホテルに戻って朝食。フルーツうま〜!マノハラホテル最高だ。
ちなみにホテルの部屋としては別に可もなく不可もなくって感じ。
金庫は部屋にあるから一応安心はできる。バスタブはない。シャワーのみ。

*

その後はひたすらジョグジャカルタの遺跡巡り。とにかくジョグジャにはたくさんあるのだ。ボロブドゥールにはたくさん行くべきポイントがあるが、自分たちで大切と思ったのはこちら。
まずパォン仏教寺院。ボロブドゥールからは馬車でもいける名所。が、なんと自分たちが行った時は補修工事中で、壁紙になってた。こんなんありかよ!

*

その後、車で十数分?移動してムンドゥッ寺院。
ここが素晴らしかった。。。

*

中入れる。

*

*

如来倚座像。つなぎ目がなく体全体が滑らかに繋がっている。つまり1つの石から削り出されている。。
壁のレリーフも綺麗。あと境内にある大きな木が当時の人たちと今の自分たちを繋げてくれるような気がしてとても良かった。。
個人的にボロブドゥール本体よりも良かったかもしれん。

Indonesia Trip Day 1

2017年の夏期休暇は遅めになってしまい9月最終週!
今回はインドネシア(休暇の前半はジャワ島、後半はバリ島)に滞在してみました。

ヨーロッパなどにも足を伸ばしたかったのだけど、
やっぱりまだ娘の長時間フライトはまだ無理でしょうということで。

9月23日(火)11時に羽田発!
今回はjetkidsを導入してみた!
これが結構良くて空港内の長い移動も結構楽しんでたっぽいし、
機内ではぐっすり寝ていてくれた。(寝てるのはjetkidsじゃなくても寝てたっぽいが)

*

*

航空会社はガルーダインドネシアにしてみた!
事前予約で子供用の機内食へチェンジ可能。味はまぁ他の航空会社と同じような感じかな。いつかのデルタよりは良かったけど。
まぁ自分は機内食は食べずに現地でガッつく派なので問題なし!

*

*

ジャワ島での滞在先は、多くの寺院などがあるジョグジャカルタ周辺。
日本からジョグジャカルタへの直行便は無いので、ジャカルタで国内線に乗り換え。

*

広い!
ここで円からルピアに両替。両替カウンターよりも、ATMでクレジットカードでルピアを買ったほうがレートが良かったのでそちらで。

あと試しに空港内のお店で軽く一品いってみた!
やっぱメニューに写真があると安心感がある!

*

ふ〜む。。甘辛い。。。っていうか甘い。
ジャワ島ってジャワカレーのイメージがあったのでご飯は基本辛いものかと思ってたけど。。
これは死活問題と感じつつ、乗り換え時間になったのでジョグジャカルタへ。

*

この空港で現地ガイドと合流し、初日の宿泊先である、ボロブドゥール遺跡の中にあるマノハラホテルまで送ってもらって就寝。今日は移動だけ。

*