恵比寿J&S。

この日はウスイさんが打ってた4級があったので、混じってセッション!
ウスイさんに刺されちゃったけど、なんとか自分も後から追いつきで撃破!

「がんばりました」の4級!

ちなみに「がんばりました」シールはダイソ-で売ってるっぽい。さすがダイソー!(私はCan☆Do派ですが!)これなら同じグレードで図形がネタ切れしてもシールで識別することで課題作成できる!

あと、課題のシールが特殊バージョンって、何か外岩での名前がついてる課題みたいで、ちょっと思い入れが生まれる。笑
5級だと、りんごの丘とかピラーズとか。
4級だと、八海山(できてない、、)とかカリマー(できてない、、)とか。

あとはムライさんが5級をずっと打ってたので応援&ブラッシング!
なんだろうね〜。パーツで見る限り、すべて完璧に作られてるのに。。

こういう、つなげるとできない系ってあるよね~。そんなにヨレてるわけじゃないのに。
核心の寄せの感覚が、パーツ練習時のイメージで付き過ぎてるのかな?
と思ったり。
つないできた時に、パー練の意識で出すと、思ったより出ないって感じ?
わからんけど!

そういう意味では、本気トライで落ちたそのすぐ後に「もしとれたたとしたら」
で続きの練習を始めるのって、つなげてきた具合も視野に入れた練習になるのかもしれん。