少し前から、なんとなくフィルムとデジタルの写真の違いって何だろう?と思っていて、その一つにダイナミックレンジがあるのではないか?と感じた。つまり、フィルムは、明るいところと暗いところが、そのまま、本当に真っ白や真っ黒になるのではなくて、白飛びや黒つぶれせずにネバるのだと。それが世にゆうフィルムらしさなのではないか?と感じている。

上記のinstagramの写真だ(ちなみに加工のテーマはnashvilleで、instagramではほぼこれしか使っていないというくらい気に入っている)が、この写真はよく「なんかフィルムっぽいね〜」と言われる。ここからも、黒つぶれしないというのは、いわゆるフィルム現像の感じが得られるのではと思う。(実際にはフィルムでも色々な種類があるけど、一般的な感覚として。)

じゃあ、デジタルでも、黒つぶれしない、いわゆる暗所が真っ暗になるんではなくて、上の写真のように薄く紫がかったりして黒色から持ち上がるようなのがいいのではないか?と思って、最近はそういう現像を試している。

たとえば同じRAWデータを違う現像パラメータで比べてみるとして、
こちらはノーマルな現像。画像上の全ての明るさが、フラットに現像される設定になっている。左のダイヤグラムが原点を通る直線となっている。

こちらは暗部を持ち上げたバージョン。ダイアグラムの暗所部分(グラフ原点に近い部分)を持ち上げている。これによって暗所が持ち上がり、黒というよりかは紺、濃いグレーに近い色合いになる。

これが好きか嫌いかは別れるところだとは思うが、「なんかフィルムっぽいな!」のひとつの要因に、暗所の持ち上がり方があると思うので、参考までに。。