過去の自分のせいにしないことが大切

例えば仕事で、

「もっと真面目に外国語を学んでおけば・・・。」

と思うことがあったとする。
確かに外国語のスキルは足りないかもしれない。
でも、たぶん問題の本質はそこじゃない。

「他の人が外国語を勉強していた時に『自分が学んでいたこと』」

を、「今」生かせていないことが問題なんだろう、と。

たとえば高校時代、英語の教科書をろくに開かず部活ばっかしていたとしたら、その時に部活で培った根性で乗り越えてみせろって話。

たとえば大学時代、語学の授業さぼってバンドばっかしてたんなら、スタジオにこもって曲作ってたときの妥協のしなさを、今仕事に向けてみろって話。

「もっとあのころ○○しておけばな〜。」

ってのは、一種の思考停止状態なので、考え方のなかでは一番楽なんだけど、結局のところ、今向き合わないと行けない問題を過去の自分に押し付けてるだけ。まぁ大体は解決しない。『今の自分』が向き合わないとね。

2011年1月某日の八ヶ岳

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *