以前、八ヶ岳連峰の主峰「赤岳」に登った時にその存在を知ったのが、硫黄岳の麓にある「本沢温泉」という温泉。実はこれは、標高2150mの場所に位置していて、日本では最も高いところにある露天風呂とのこと。しかも、そこにたどり着くまでには2〜3時間原生林のなかをトレッキングしなければならない!

そんなん知ったら、行ってみるしか無いでしょ!って思ってたんだけど、なかなか行く機会がなくて後回しに・・・。でも、昨日ようやく同期と行けました!

パーティは、俺、とっしー、みずき、うしお、てんしん、の5人。てんしんは登山初参戦!あざっす!

道のりはそこまで険しいわけじゃなくて、手を使う岩場や鎖場などもなく、淡々と登るという感じです。高尾山の楽なコースとか同じレベルかな?

ただ、2000m超えてるので、余裕で寒いです。基本、-10℃〜-15℃くらいでした。幸運にも無風な日だったので良かったですが、日本アルプスなどからは独立した連峰である八ヶ岳なので、結構吹雪く可能性もありました。そうなったら、体感温度はグッと下がっていたでしょう。風速1mで体感温度が1℃変わるってことなので、吹雪いたら体感-20℃〜-25℃くらい??確実に温泉入る前に死亡してましたね。

今回はほんと僕のタイムキープミスなんですが、出発も1時間くらい遅れたし、3連休の初日ってことで道もそこそこ混んでで、登山口到着の時点で2時間半くらいの遅延!日帰り登山としてはまずありえない。しかも雪山なので日没で身動きが取れなくなったら基本的に死亡。メンバーと話し合って、

「なるべくハイペースで登って、2時間半で温泉にたどり着けなければ引き返そう。」

と決めて出発。本気で登れば暑くなるだろってことで、重いウェアも脱いで、light & fastの精神で頑張って登ったら2時間15分程度で到着!すごい!

ヒートテックとハーフパンツ!どっちもユニクロ!そこそこ温かい!ユニクロすごすぎる!

そんなこんなで、無事温泉に到着。ネット上の情報では、「源泉加熱無しなので、湯がヌルい」って言われてるんですが、雪山登ってきた身には充分くらい温かかった。。。(むしろ、そいつらが夏とかに登ってたんだろ。。その登山スタイルのほうがヌルいっすよ!)


(photo by みずき

露天風呂として見える景色も非常に良かったです。八ヶ岳カッコイイな〜。やっぱいつか冬の赤岳の頂に立ってみたいです。

そういえば下山中に、天然記念物のニホンカモシカに遭遇しました。人懐っこいのか、しばらく我々のほうをガン見しながら、並行に移動。結局何がしたかったんだアイツ・・・。

こいつ、足滑らしたりして雪道に全然慣れてなさそうだったし、途中で切り株みたいなの食べようとして固くて諦めてるし、そんなんだから絶滅しかけるんだろ!って説教したくなったけど、まぁ可愛いのでそっとしておきました。

とまあ、色々とありましたが、そもそも雪山から無事帰って来れて良かった!ほんと、終始良いペースで登ってくれたメンバーに感謝です。次回からは、もうちょっとスケジュール正確に見積もります・・・!