最近写真エントリーが多くなってきて、「写真撮ってないからブログ書けねーや。」みたいになってきたので、これはイカンと。もっとくだらないことでも気軽に書いたほうがいいやーって思ったので、最近感じた、くだらないことでも。

あのー、ちょっと前まで身近こんな人がいたんだけどさー、ほんと・・・。

「あー失敗した!」

とかっていきなり言う人!
何が?そう、当然意味がわからないから「何が?」とか聞くよねぇ。相手が「何が?」って聴く手間があることをわかってて、何の説明もなく「あー失敗した!」って言う人!最初から説明すればいいのに。CM前の引っ張りみたいなもんでしょう。俺の分析では、こういう人はプライドが高くて、しかもかまわれたくて仕方ないタイプに多い。「聞いて聞いて」って言えないけど注目されたい人(あれ?俺じゃん)。
これがまた切羽詰まった徹夜中に言われると、そーとー腹立つんだよなぁ。となりの席でいきなり

「あー失敗した!」

とか言われたら、「どうしたんですか?」って興味無くても聞くしかないでしょ!普通の流れとして!それがストレス。まぁその人はヒドすぎて逆にネタになるレベルで、それを本人にも伝えてるから、こうやってブログにもかけるわけだけども・・・。

あと、類似品で、例えばこういうのもある。

「お前さー、吉田(仮名)じゃないんだから。。」

とか吉田を知らない人に吉田ネタでツッコむ。んで当然「ん?吉田って誰?」ってなるから、俺がしょうがなく「前、吉田ってヤツがいて、こうこうこういうヤツでさぁ、、、」っていちいち説明しないといけない。その間ずーっとその人はドヤ顔してるし。。いやいや、そのツッコミ別にキマってないから!大体、後から説明されたほうも、つっこみってタイミング命だから、その「生」を逃したら全然面白くない。ほんとやめてほしーっすよそういう空気つくるの。

とまぁ、そんな人がいらっしゃったんだけど、今思うと、これは理系にありがちな、「当然知ってるでしょトーク」にも同じことが言えるわな、と。特にシステム関連の話だと、吉田ネタと違って「知らないと恥ずかしい空気」があるので、相手も「うんうん、わかる。」と知ったかぶりしながらも、内心は排除された気になる。相手に恥をかかせず、手間をかけさせず、かつチャンと話に参加させるトークをするよう気を遣うべきかと(技術的な話でもネタについてでも、何でも)。

追記:

ヤンキー漫画が上のような感じだよね。つまり、何の前触れもなく「○○さんはヤベェよ」みたいな大物ヤンキーが出てきて、喧嘩したりして、のしあがって、するとまた今まで一度も聞いたこともない名前、「××さんが出てくるらしい。ヤベェ」とか言われる。いやどこがヤベェんだかわからねーし読者は!

追記の追記:

って、また俺文句ばっか言ってる人になってるな!まぁ半分愚痴で半分自戒ですので。。。