MCバトルならぬオタクバトル。

ヒップホップの世界には、「MCバトル」というものがあります。これは、決められた時間内で、いわゆるラップで、相手をいかにディス(軽蔑し、攻撃すること。)できるかを競う戦いです。
やはりプロ同士の戦いともなるとスゴイですね。流れるように紡ぎだされる言葉・・・。これは実は即興なんですよねぇ。信じられない速度で、皮肉の効いた言葉がキックされていき、興奮というか感動すら覚えます。

上記の動画は、日本トップクラスのラッパー達によるMCバトルですが、韻の踏み具合などを考慮しても、やはりレベルが高いですね。

一方、私の通っている電気通信大学の大学祭「調布祭」では、上記のMCバトルのように、オタクとオタクがディスりあうような催し物が開催されました。その名も「オタクバトル」・・・。基本的にルールは上記のMCバトルと同じですが、違う点としては、

  • 相手のオタク趣味をディスる
  • ラップでなくてもいい

くらいでしょうか。文章で説明するのもあれなので、とにかくオタクバトルの映像を見ていただければわかると思います。。。上記のMCバトルのラッパーと同じく、電気通信大学はオタクのレベルでは日本最高峰だと自負しております。。

自身の仮面ライダーオタクぶりをアピールする、「亀頭戦士コンドム」選手。

対して、コンドム選手に対するディスを返しながら、
自身のネットラジオオタクぶりをアピールする、「オタクナンバー072」選手。

もうこの大学嫌だ・・・。

7 thoughts on “MCバトルならぬオタクバトル。”

  1. こういうおバカなことやってくれる人がいると学祭も盛り上がって楽しいね~
    てかこの前、フードフェスタに行ったとき仮面ライダーの変身ベルトを私服でつけて歩いてる男性(20代後半か30代ぐらい)がいたよ。コンドム選手とどっちが強いだろう。。

  2. >にたそ
    入学前の予想を遥かに上回ってました。ガチでハーコーな大学です。。

    >ひころぷ
    おつ!
    普通の催し物もあるけど、基本オタクっぽいよ!

    >taishoh
    taishohみたいなイケメンが入学すると、ちょっとは雰囲気かわるんかな!?
    ぜひ中から改革進めていってください!(今の電通大の雰囲気も好きだけど)

    >sued
    初コメント!?ありがとう!
    学生としての参加は(たぶん)最後になるであろう学祭、心置きなく楽しめました!
    コンドム選手は仮面ライダーだけでなく特撮全般に詳しいようだったので、
    キックできるバースの豊富さではコンドム選手が有利か・・・?
    いや、でも私服で変身ベルトはハンパないな。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *