昨日行った六本木ヒルズのスカイアクアリウム、あんな絶好の写真スポット、なかなか無いので、当然flickrにも多くの人が写真をアップロードしているだろうと思い、「スカイアクアリウム」tagで検索してみる。このように、flickrでは撮影者が写真アップロードの際につけるtagを、あとから検索する際に利用することができる。したがって、キチンと写真にtagをつけて分類することが、あとから色んな人に写真を見てもらうために重要なことなんだけど、ちょっとめんどくさく感じて、サボタージュしちゃうんだよねぇ。
話を戻して、スアイアクアリムの写真を見てたんだけど、
nagashimaさんという方が撮った似たようなシチュエーションの写真を発見した。それがこちら。

nagashimaさん、うまい。。まったくブレてない・・・!そしてクラゲの表情がバッチリだー!
一方俺が撮った同じ水槽の写真。

なんかイマイチ。。パンチ無いし、背景が俺の方が明るいのにも関わらず、なんかザラザラしてるし
っていうか、nagashimaさんのクラゲは神秘的で綺麗だけど、俺のクラゲちょっとキモイし。被写体選びのセンスはどうしようもねーー。もうちょっと物理的な技術レベルの差を埋める事を考えよう。
お互い、どういうカメラの設定で撮ったのかなーと思ってメタ情報を見比べてみた。デジタルカメラでの撮影の際には、写真データ以外にもメタデータというデータも保存される。そこには、カメラの機種や、どういうシャッタースピードだったか、フォーカス距離はいくらだったか、f値は、、、といった写真にとって重要な情報が記録されている。なので、このメタデータを見ることによって、ウマい人はどういう風にフォーカスしてシャッターを切っているのか、とかがある程度推測できたりする。
今回も見比べてみると、

nagashimaさん

Camera: Nikon D300
Exposure: 0.013 sec (1/80)
Aperture: f/3.2
Focal Length: 35 mm
Exposure: +0.50
ISO Speed: 400
Exposure Bias: 0 EV
Flash: No Flash

Camera: Canon EOS Kiss F
Exposure: 0.02 sec (1/50)
Aperture: f/1.8
Focal Length: 50 mm
ISO Speed: 400
Exposure Bias: 0 EV
Flash: Off, Did not fire

同じようなもんじゃねーーか!!
と思ったけど、俺の方が明るいレンズ使ってるのにもかかわらず、若干スローシャッターだ・・・。確かに写真も俺の方が明るいなぁ。だって、これ以上暗くするとブレるし。暗いとピントが合ってる場所がわかんねーし。
って、要するに腕と目が悪いのか。。練習しよ。。
ということで、写真が好きでよく撮ってる人にオススメするんですが、flickrはとても楽しいし、良い写真を撮るために参考になる情報が沢山ありますよ。。皆さん始めましょー!www.flickr.com