trac+svnでプロジェクト管理(install編)

プロジェクト管理ツールを導入しましょうという提案がされたので、いろいろと調べて、どうやらtracでバグや担当者、進捗などを管理し、それと連携する形で、svnでソースコード管理(誰が最後に触ったか)などを管理するのが最近イケてる院生だということなので、さっそく導入を試みた。 まずはsvnをインストール、apacheから扱えるようにする。

# yum install mod_dav_svn

(途中の行程は後で書くとして、ハマったところをとりあえず先に書く)

設定がすんだので、

http://SERVER/svn/project

にアクセス、すると、

ExtractionError: Can’t extract file(s) to egg cache

The following error occurred while trying to extract file(s) to the Python egg
cache:

[Errno 13] Permission denied: ‘/home/svn/trac/.egg-cache’

The Python egg cache directory is currently set to:

/home/svn/trac/.egg-cache

Perhaps your account does not have write access to this directory? You can
change the cache directory by setting the PYTHON_EGG_CACHE environment
variable to point to an accessible directory.

と言われる。パーミッションを確認しようとするも、

# ls -la
total 13
drwxr-xr-x 4 root root 4096 2009-08-31 10:57 .
drwxr-xr-x 4 apache apache 4096 2009-08-31 10:37 ..
drwxr-xr-x 9 apache apache 4096 2009-08-31 10:38 project

.egg-cacheというディレクトリすら無かったので、ほんと自分でもありえないテキトー具合だとは思うんだけど、

# mkdir .egg-cache
# chown -R apache:apache .egg-cache

とかしてみる。そして再度

http://SERVER/svn/project

にアクセスすると、(たぶん)正常にtracにwebからアクセスできた。なんだったんだろう・・・。今は時間がないので、とりあえず書き残しておいて、あとで

PYTHON_EGG_CACHE

について調べてみよう。まぁそんなたいした話じゃあない雰囲気がでてるんだけども。

5 thoughts on “trac+svnでプロジェクト管理(install編)”

  1. おれも良く活用してます。
    フラッシュメモリにsubversionのレポジトリを作成して、持ち運びが出来るようにしてる。

    まぁ大学内にsubversionの管理サーバを設置することが出来るなら、それが一番だけどね~

  2. gitとか他にも選択肢はあったけども、
    やっぱtracが良いってのはかなり聞いてたからねぇ。
    ってことでsubversionで!

  3. ほんの2週間前に導入したけど、便利だよねこれ~
    今までの開発の仕方に無駄が多いことがわかったよ

    しかし残念ながらlinuxに弱いのでwindowsでしかサーバー立ててない…。笑

  4. >ぱく
    Windowsでサーバ立てたことないからわからない。。。笑
    Linuxでも結構ネットに情報が沢山あって、だいたい誰かがハマって解決してくれてるので大丈夫!!

    >no-daemon
    そうなのか・・・!
    なんとか使いこなせるように頑張ってみます!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *