ドラクエが大好きである。。
次回作がDSで出るらしいから、もう買っちゃおうかな、と。
あの世界観が恋しい。ツボ調べたりさ。村人とか全部話しかけないと気が済まない。

村人「あんた、どこから来たんだい??」

・→はい (ピッ)
・ いいえ

村人「へぇ、そうなのかい!ゆっくりしていきな。」

みたいな、理不尽な会話が恋しい!

でも、ゲーム買っても、そもそもやる時間があるのか??
ドラクエ以外に欲しいソフトがあるのか??
など、懸念することもいろいろあって買えない。安いのに!
—-
ゲームといえば、
昔プレステで「カルネージハート」っていうゲームがあって、
どういうのかっていうと、
ロボット買ってきて、ロボットに動作プログラムを自分で埋め込む。
んでプログラムの優秀さでどんどん敵を撃破していくんだけど。。。

こんなゲーム流行るわけねー!
何が悲しくてプレステでプログラミングしなくちゃいけないのか、と。
でも自分には面白かった。
できれば携帯ゲームで出してもらって、じっくりまたやってみたい。
—-
最近、チューブトレーニングとかストレッチとかの本を読んでるんだけど、
これが意外と知的好奇心をくすぐられて楽しい。。
元々は某氏の肩こりを治せればと思って始めた勉強なんだけど、
肩こりとか腰痛は、関節の可動域の狭さから生じる時もあるらしい。
(大元の原因は、「普段の姿勢」などが原因らしいが。。)
なので肩こりを治すには可動域を広げるために牽引をしたり、
自分じゃ使えない筋肉を電気信号で動かすために、電気でビリビリしたり、と。

へぇ〜。。よくわかったもんだな人体の構造が。。とか思ったり。
だって、もろにデバッグじゃん。やってることは。
あと、本には、

肩甲上腕関節が回旋するときに、その半分の角度ほど肩甲骨が上方回旋する。

とか書いてある。すげぇ。。
—-
研究が思ったようにうまく行かず、日記を書くことに現実逃避。(ダメ)
わりと最近、ふと思ったんだけど、

「3番線に電車がまいります。ホームの黄色い線より内側に下がってお待ちください。」

みたいなのあるじゃないですか。
黄色い線は、視覚障碍者(障害者、という漢字はイメージ悪いので避けたほうがいいらしい)が歩くデコボコのタイルだ。
視覚障碍者に、電車に轢かれるから危ないというぎりぎりのラインを歩かせるとはどういう見解なのだろうか。
(↑こういうのに文句ばっかりいう俺)