津南小版「ブタがいた教室」 via  痛いニュース

最近のニュースになってるけど、何年か前にテレビで見たような気がする。
確か、ビートたけしか誰かの教育について考える番組で。
その番組では、ある小学校で豚をみんなで育てて食べるという「教育」が行われたことが放送されていた。
最後は結局食べられず、後輩に引き継ぐ方向へ意見が固まったのに、
先生が意見誘導して(したと俺は思う)食肉センターかなんかに引き渡した。
トラックで運ばれていく豚を見送る小学生たちは号泣していた。

さてこの教育、どう思いますか、みなさん。俺は最悪だと思うが。

食べ残しだとか、食肉に命があったことを感じないような世の中だから、そのへん教育しようと思ったんでしょう。
それが先生が愚かすぎて、なぜか食肉目的の豚に愛情をかけるという、
畏敬と愛情を混同したわけのわからない方針を打ち出した。

命の大切さ、なんて言葉を使うから混同するんでしょ。
命への畏敬も愛情も、その抽象的な表現は当てはまるけど、畏敬と愛情ではまるっきり違う。
「弥勒菩薩像を大切に保管せよ」というのと「私のリカちゃん(人形)捨てないで」というのではまるっきり違う。
それが、前者を教えたいのに、手段が「リカちゃんで遊んで最後はぶっ壊す」となったわけだ。むしろ殺人犯養成としか思えんよ。

あの豚がかわいそうでならない。あーめん。

ってことで、今日はこんなディスしか書くことない。。
土曜なのに誰とも話してないぞ!論文読みまくり!
あーー超すすんだ。 たまにはこういう休日もいいですね。よくねーよ。